Excelを学びたいなら講座に参加しましょう

社会人の必須スキルとして、パソコンスキルが今では当然のように要求されています。
今現在の20代後半から30代の男女は、学校の授業や独学でパソコンスキルを体得しています。

そのため、いわゆる就活の時、要求される基本的なソフトウェアの操作や経験を自然と体得しています。


ExcelやWordといったパソコンソフトは、事務職を志望する人々なら必ず触っておきたいものです。ただ、最近の若者はスマートフォンやタブレットからインターネットを覚えています。



パソコンの授業が無い場合、独学で一からExcelのスキルを体得するしかありません。



Excelは基本さえマスターすれば、そう難しい表計算ソフトではありませんが、Word等と比べて独自の機能が多く、独学だけでは多彩な機能をマスターする事は困難です。



就活の予定が訪れる前に、カルチャーセンターが提供するパソコン講座に参加してみるのも良い方法です。

Excelなどの基本的なパソコンソフトであれば、必ずどの地域にも講座が用意されています。データ分析やデータベース構築、表計算の基礎などが講座では学べます。

Wordは独学で、Excelの方はカルチャーセンターの講座で、こういった風に分けておけば、効率よく就活に準備が整えられます。
スマートフォンだけでもSNSやネットサーフィンは出来ますが、事務職を進める上で、パソコンの基本的な操作は知っておかなければいけませんので、講座のコストを惜しむのはいけません。

top